ホーム>スタッフブログ>修理事例

修理事例

スバル サンバートラック(TT2)エアコン修理

こんにちは。専務です

 

もうそろそろ朝晩が涼しくなりはじめましたが、日中はまだまだ暑い日がありますねsweat01

暑い日というか、最近はもう年中活躍してる感じのエアコンですが、先日エアコンの風が弱いとのご相談がありましたので、その修理内容の一部をご紹介します

 

この手のトラブルでは、風を送り出すファンモーターの作動に問題があるというのがよくあるパターンです

なので、まずはモーターの作動状況を確認しましたが、風量レバーの切り替えに応じてスムーズに動いているのが確認できました

そうなると、次は風の通り道そのものに何か問題を抱えているのでは?ということでエアコンユニットを点検することにしました

まず疑わしいのがエアコンフィルターの詰まりですが、このサンバートラックにはエアコンフィルターは装備されていません

サンバートラック(TT2)エアコン修理

となると、エバポレーターという冷えっ冷えのエアコンのためにいちばん大事な部分(下の写真)の詰まりを疑わざるを得ませんので、分解してみることにしました

サンバーエバポレータ

(写真が小さくてゴメンナサイ)

分解して取り出してみると、やっぱり…

サンバーエアコン修理

え?よくわかりませんか?

はい。真正面から撮ってみました↓

サンバーエバポレータ本体

予想通りビッシリ詰まってます

これでは風が通るはずもないのがお判りいただけると思います

TVCM等でご家庭のエアコンを「ぶしゃー」っと洗浄するサービスをご覧になることがありますよね?

しかし、あんな便利で高価そうな機器を持ち合わせていませんし、本体の傷み具合も気になるので、洗浄液に漬けこんだり根気よくブラッシングしたりして清掃しました

(ご家庭用のエアコンではここまでのケースはあまりないかと思いますが…)

清掃後はこちら↓

サンバーエバポレータ清掃後

ファンモーターの羽根にもかなりの汚れが溜まっていましたので、そちらも清掃して吹き出しダクトもエアブローで清掃した後元通り組み付けて終了です

これで必要十分な風の量が復活しました♪

 

レアなケースのトラブルかと思われるかもしれませんが、実はこういったトラックやバンなど商用系のおクルマにはコストダウンの為かエアコンフィルターが装備されていない車種もありますので、時々あるケースです

ホコリの多い場所でよく使用されてたり、概ね10年以上の車齢になるおクルマや、エアコンやヒーターを内気循環でよくお使いで喫煙されてる方などもご注意されてみると良いかと思いますdanger

 

タイヤバースト!

こんにちは。専務です

先日ちょっと恐い想いをしたのでご紹介しておきます

 

まずはこの写真をご覧ください

バースト

タイヤですね

でも毛の生えたタイヤではありません

バースト_2

いわゆるバーストしたタイヤです

バースト_3

正確にはセパレーションという現象ですが、メーカーさん曰くタイヤを構成しているワイヤー部分が内部ではがれるような現象が起きたためにバーストしたようです

セパレーションというものは空気圧不足からくる発熱であったり、タイヤそのものに元々ダメージがあるとか、過積載が原因だったりするのです

このタイヤ、実は当店のキャリアカーに装着していたタイヤなのですが、お客様のおクルマ(5ナンバー乗用車)を載せて走行中になにやら後輪側からと感じる振動が起こり始めまして、これは危ないかもしれないと思い安全な路肩に停めてチェックしたところ、右後輪の1本(ダブルタイヤの内側分)があり得ないほどの変形ぶりではありませんか!

しかし当店まではまだまだ道のりも遠く、クルマが乗ってる状態でレスキューを呼ぶわけにもいかないので「持ってくれよ」と祈りつつ相当騙し騙しゆっくり走行しながら帰路についてましたが、もうあと3~4Kmで帰り着くというところでこうなりました…(泣

しかもトンネルの中で『バーン!!』と派手な炸裂音という間の悪さでありまして、後続の方もおられましたのでびっくりされてるんじゃないかと思います

もしこれが高速での出来事だったりした場合、たちまち大事故に繋がりかねなかったかと思うと背筋がゾッとするトラブルでした

 

で、さらにこの事件、これが初めてではないのです

4月頃か5月頃でしたが、同じようなことが前輪(運転席側)にも起きたことがあるのです

幸い、その時は降雨だったこともあってかタイヤの変形までに留まってくれて事なきを得たのですが、同じメーカーの同じ新車装着タイヤでこのようなことにまでなったのが何とも解せません

もちろん過積載ではありませんし、空気圧のチェックは定期的に行っています

タイヤを縁石などにヒットさせたりとか頻繁に悪路を走行したりすることも無ければ、冬場には雨ざらしにならない保管方法(雨ざらし保管はタイヤの劣化が促進される原因の1つです)をとっていましたので、タイヤ自体にすでにダメージがあったとは考えにくいんです

そんなことから、このタイヤをメーカーさん経由でJATMA((一社)日本自動車タイヤ協会)の検査部門へ送って、詳しい検証を行ってもらうことになりました

 

一体、何が起こったのか

検証結果がわかり次第、ご報告したいと思います

テストエントリー(表示確認用)

エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入りま す。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。 エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エン トリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。

 見出し3のスタイル

エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入りま す。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。 エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エン トリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。

見出し4のスタイル

エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入りま す。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。 エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エン トリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。

見出し5のスタイル

エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入りま す。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。 エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。エン トリーの内容が入ります。エントリーの内容が入ります。