ホーム>スタッフブログ>2016年9月

2016年9月

気になるヘッドライトのこと

こんにちは。専務です

今日(9月21日)から全国一斉に秋の交通安全運動がはじまりました

改めてほんのちょっとだけでも交通安全のことを考えたいなと思ってるところですが、こんな記事↓を見つけました

 

ハイビーム使用を…横断死亡96%が「下向き」

(9月21日Yahoo!ニュースより)

 

ここにあるように、夜間に道路を横断中に車にはねられて亡くなられた事故の96%がロービームだったとのこと

ロービーム、いわゆるすれ違い灯とか下目とかというヘッドライトの点灯状態ですが、皆さんの中で市街地を走行する際にハイビームで走行するようにしてらっしゃる方ってどれくらいいらっしゃるのでしょう?

私も対向車や後続車の多い市街地では、やはりロービーム走行が基本となります。っていうか、ほぼ常態的にロービーム走行です

ハイビームに切り替えるタイミングが無いからです

対向車や後続車を幻惑させて危ない目に遭わせたくないからです

交通量の多い信号待ちの交差点なんかでは、わざわざヘッドライトを消灯することもあるぐらいです

と、これは運転者目線でのお話し。いざ自分が歩行者となった時はどうでしょう?

「車は自分のことが見えてるはず」って思い込んでませんか?

急に道路に飛び出したり、横断歩道じゃないところを無理に横断しようとしたりしてませんか?

夜間は40m手前からしか照らしてない?でも街灯があったり街自体が明るいからからそれで見えてるんじゃないの?って思ってませんか?

立場が変われば状況も違います

いろんな意見や議論があるかと思いますが、お互いにほんのちょっとの気遣いで防げる事故も多いと思います

お車に携わる私たちとしては、整備不良でヘッドライトが灯らないとかとんでもない方向を照らしてるといったようなことは論外ですが、よく見る・よく見られる工夫をしてみることがまず第一歩なのではないかと思います

もうそろそろ日が暮れはじめる時間帯なのに、スモールランプさえも灯っていない車をときどき見かけます

すっかり辺りが暗いのに無灯火の車にも遭遇したことがあります

これでは、歩行者はもちろん対向車や後続車あるいは先行車にだって気づいてもらえないことだってあるはずです

せめて運転者であるときは、早めのライトオンで周りによく見られる運転をしたいものです

ヘッドライトの話

ここでほんのちょっとだけ宣伝を^^;

以前、弊社FacebookページでLEDヘッドライトに関する記事を上げています

色味もおしゃれでHIDに比べて最高光度への立ち上がりも早くてなかなかものですよ♪

気になっちゃった方はぜひお気軽にお問い合わせください

スバル サンバートラック(TT2)エアコン修理

こんにちは。専務です

 

もうそろそろ朝晩が涼しくなりはじめましたが、日中はまだまだ暑い日がありますねsweat01

暑い日というか、最近はもう年中活躍してる感じのエアコンですが、先日エアコンの風が弱いとのご相談がありましたので、その修理内容の一部をご紹介します

 

この手のトラブルでは、風を送り出すファンモーターの作動に問題があるというのがよくあるパターンです

なので、まずはモーターの作動状況を確認しましたが、風量レバーの切り替えに応じてスムーズに動いているのが確認できました

そうなると、次は風の通り道そのものに何か問題を抱えているのでは?ということでエアコンユニットを点検することにしました

まず疑わしいのがエアコンフィルターの詰まりですが、このサンバートラックにはエアコンフィルターは装備されていません

サンバートラック(TT2)エアコン修理

となると、エバポレーターという冷えっ冷えのエアコンのためにいちばん大事な部分(下の写真)の詰まりを疑わざるを得ませんので、分解してみることにしました

サンバーエバポレータ

(写真が小さくてゴメンナサイ)

分解して取り出してみると、やっぱり…

サンバーエアコン修理

え?よくわかりませんか?

はい。真正面から撮ってみました↓

サンバーエバポレータ本体

予想通りビッシリ詰まってます

これでは風が通るはずもないのがお判りいただけると思います

TVCM等でご家庭のエアコンを「ぶしゃー」っと洗浄するサービスをご覧になることがありますよね?

しかし、あんな便利で高価そうな機器を持ち合わせていませんし、本体の傷み具合も気になるので、洗浄液に漬けこんだり根気よくブラッシングしたりして清掃しました

(ご家庭用のエアコンではここまでのケースはあまりないかと思いますが…)

清掃後はこちら↓

サンバーエバポレータ清掃後

ファンモーターの羽根にもかなりの汚れが溜まっていましたので、そちらも清掃して吹き出しダクトもエアブローで清掃した後元通り組み付けて終了です

これで必要十分な風の量が復活しました♪

 

レアなケースのトラブルかと思われるかもしれませんが、実はこういったトラックやバンなど商用系のおクルマにはコストダウンの為かエアコンフィルターが装備されていない車種もありますので、時々あるケースです

ホコリの多い場所でよく使用されてたり、概ね10年以上の車齢になるおクルマや、エアコンやヒーターを内気循環でよくお使いで喫煙されてる方などもご注意されてみると良いかと思いますdanger